基本コース

テキストは「文字の書き方」講談社学術文庫藤原宏氷田光風編を使いますので、
書店アマゾン等で購入して下さい。

上記テキストの平仮名小学1年~6年の漢字を練習して下さい。
さらに軽い連綿が入った平仮名、行書の小学1年~6年の漢字を練習して下さい。

その中で、どうしてもコツがわからない字やまとまらない字が出てくると思います。
そんなときに添削をご依頼下さい。ご依頼文字は上記テキスト内の字とさせて頂きます。

依頼作品の作成方法
用紙・・・国語10マスノートの表紙をはずし、中のページを1枚ずつにしたもの
筆記用具・・・ジェルインクボールペン0.7または0.5ミリ
書き方・・・10マスノート用紙の左から3行目に縦に10文字を書く。余白は残し片面使用。
※1回分の依頼は3枚です。1枚10文字で3枚ですので30文字の添削です。


硬筆書写検定コース

テキストは以下のものです。(ご自身の進度でこの中から選択して下さい)
日本書写技能検定協会編の硬筆書写技能検定三級のドリル
日本書写技能検定協会編の硬筆書写技能検定二級のドリル
日本書写技能検定協会編の硬筆書写技能検定の手びきと問題集
用紙・・・硬筆書写技能検定試験練習用紙
以上のものは日本書写技能検定協会のホームページから購入して下さい。

上記ドリルに模範文が載ってますので十分に練習して下さい。
解答例がない過去問を解くと不安なこともあるかと思います。その時は添削をご依頼下さい。

過去問題の添削依頼作成方法
用紙・・・検定協会の練習用紙、ドリル内の用紙のコピー可。
筆記用具・・・試験時に使いたいもの
書き方・・・B5の用紙に1枚に1問(余白は残す) 自由課題は裏面使用で枠も書く 
掲示の書き方・・・検定協会の用紙をなるべく使用(B4コピー用紙可)
※1回分の添削は2枚です。過去問題から2問解いて下さい。
過去問題のコピーに〇年度〇回〇級第〇問と書いて必ず同封して下さい。